おいしい松坂牛を食べよう

日本の和牛の中でも『最高級』の品質で、誰しも知っている「松坂牛」。その飼育方法から、ステーキ、しゃぶしゃぶ、すきやきなど日本人に愛されてやまない、最上級の食材といえます。特に、日本の文化では牛肉では松坂牛と並んで、白老牛、近江牛、神戸牛などなど、人気ブランドがありますが、やはり最高峰をあげるとなると「松坂牛」に勝るものはないといえます。

明治時代には肉を食べることを「薬食い」と呼び、その時代には大変尊いものとして、すきやきの文化が生まれたとされています。その時代には、肉食自体が珍しいものでしたので、いまのように「和牛」がこれほど高級品として飼育、販売されることなど、当時の人など、考えもしなかったでしょう。

松坂牛は、専門店や通信販売、レストランやステーキハウスなど専門店で食べるのがお勧めです。脂身や脂肪分が多く、柔らかく、極上な肉質は、多くのファンや食通の中でも最高級品として愛されています。もちろん、流通量にも限りがあるため、なかなか手に入らない、という問題もありますし、肉の中ではたいへん、貴重なものですので、なかなか普段の食卓にならべるには難しい食材の一つといえるかもしれません。

ですが、松坂牛は、それだけの価値がある極上の食材といえます。その丹念に飼育される過程は、ほかの和牛の中でも別格で、肉質を柔らかくするために、牛にビールを飲ませるなどの独自の工夫がされていることも有名です。すきやきでいえば「魯山人風すき焼き」と呼ばれる調理法がありますが、さしが多い和牛の食べ方としては絶品で、通好みの食べ方としても愛されています。もちろん、定番の一つとしては「ステーキ」で食べる人たちも多く、極上の肉質だけに、どうしても価格も跳ね上がってしまうことは仕方がないことかもしれません。専門のステーキハウスで食べれば、価格が1人前1万円を超えてしまうことも珍しくないので、ぜひ大切にいただきたいものです。